トップ > 

『第2回藤の花かんかんネット』 開催されました。

『第2回藤の花かんかんネット』 開催されました。


『藤の花かんかんネット』とは、病院から地域への切れ目のない看護の提供を目指し、藤枝市の看護職連携を強化することを目的に、平成29年5月に組織化されたものです。市内5病院の看護代表者、訪問看護ステーション6事業所、地域包括支援センター(あんすこ)7圏域の看護職及び地域課職員で構成されています。看護職は自施設や他施設(病院組織)の役割の理解が不足しているという課題が挙がり、看護組織の相互理解を目的に施設見学を実施してきました。令和元年926日(木)は当院の施設を皆様が見学に来て下さいました。約50人の訪問者がつどい、院長・看護部長・リハ科長・介護サービス部長から聖稜会の説明を受け、その後施設内を見学され、参加者は満足度の高い研修ができたとのことでした。