トップ > 

リハ職と行政・地域包括職員との交流会で3名が発表

 10月19日に静岡県藤枝総合庁舎で行われた志太榛原地域のリハビリテーション専門職(PT・OT・ST)と、市町職員及び地域包括支援センター職員の交流会兼研修会にて当院の理学療法士の鍋田・小原、当地域包括支援センターの社会福祉士の鈴木が発表しました。
 

リハ職と行政・地域包括職員との交流会で3名が発表

鍋田が理学療法士が行う介護予防について発表しました。
 

リハ職と行政・地域包括職員との交流会で3名が発表

鈴木が地域包括支援センターとリハビリテーション専門職と活動した実践内容を発表しました。
 

リハ職と行政・地域包括職員との交流会で3名が発表

後半は、グループディスカッションで各地域でリハ職がどのように活用できるのか検討し、発表しました。