あいさつ

グエン理事長兼院長

グエン理事長兼院長

 宮原の豊かな自然に囲まれ、身体障害の皆様にゆったりとした回復期リハビリを提供する聖陵リハビリテーション病院です。



 
【 理 念 】
 当院の理念は「分かり易い 温かい 外に開かれた医療」です。脳梗塞や脳出血、骨折などの急性期治療を終えて回復期リハビリ入院する患者を大事に、安心・安全で良質な医療を目指しています。

          【 診療方針 】

 内科・呼吸器科・皮膚科・心療内科それぞれの専門分野の医師が他の疾患で不安を抱える患者の全身管理に力を注ぎ、リハビリ専門医師や整形外科専門医と共に365日のリハビリ体制を整えています。当院の医療体制は、医師・看護師・理学療法士・作業療法士に、コメディカルを加えた総勢202名です。毎日患者一人一人に則したリハビリ計画を作成し、経過と方針を決め、絶えず研鑽を重ねています。入院時を含め入院中に、患者と家族に症状やリハビリの行程、経過、検査結果などを詳しく説明し、その情報を共有します。すべては、患者と家族の承諾を得て、分かり易くて温かいオープンな医療を目指しています。できる限り、患者側の要望に応えられるよう努力しています。退院時には、自宅での療養プランを作成する在宅支援も行っています。

 

 回復期リハビリ治療が最後ではなく、目標は在宅復帰、社会・職場復帰です。退院時の機能回復状態に応じて、直接スタッフを自宅に派遣する、訪問リハビリテーションで細やかにフォローしていきます。この延長線上に、将来の在宅医療も視野に入ってきました。

 

          【 将来のビジョン 】

 当院は365日の回復期リハビリテーションの体制が整い、新たにボトックス専門外来も開設しました。今後は専門医の増員、医療技術の進歩にも対応できる施設の充実化を図り、職員にとっても明るく、働きやすい環境を整備していくつもりです。また、信頼される回復期リハビリ病院造りには、先々のイメージを捕らえ医療の変貌に合致できる対応を意識して取り組んでいきたいのです。